BIOGRAPHY

2006年 JETZT、King Biscuit Time、赤と黒、9STATEのBASSISTであった田中潤哉がソロ活動を開始。その後 Rain、 9STATESのGUITARISTであった坂口圭一(Lee)とユニット「Brilliant Mistake」を結成したが、消滅。

2012年に田中がソロ活動再開、2013年にソロ1stアルバム「Treasures for 30years」、2014年に2ndソロ「50's Road」を発表。

その後、田中とLeeが再開し2人のアコースティックユニット「Junya & Lee」で活動開始。その後バンド名は 鼓動➡Junbo&The Tramps➡KODOHに変わったことは田中の気まぐれさを表している。

2015年、30年来の旧友である、ex EDENの白石一弘がDjembeで加入、そして11月に白石のミュージシャン仲間でもあるBASSの鈴木孝弘が加入する。

白石のパワフルなドラミング、鈴木の卓越したベースがKODOHに、より多彩な音を創造できるようになり、アコースティックのみならず、BANDサウンドでのLIVEも始めることになる。

2016年には東京中心に現メンバーで充実した活動を行い、自身のイヴェント❛Happy Days❜を年5回開催。

2017年にKODOHとして初めてのアルバム発表のために、12月よりレコーディングに入る予定。

2017年10月 待望のファーストアルバム '響くこころ’が発売予定!

GALLERY

プレス関連の情報はこちら

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
2018.12.8 3rd Stage_181209_0025